漁協の紹介

組合長からの挨拶


               椛谷陽一 組合長


 引田漁業協同組合は、香川県最東部、徳島県と県境を接し前面に瀬戸内海最大の播磨灘を抱く波静かな引田の中央部に位置する県下屈指の漁協であります。古来引田は海運に栄え江戸末期には遠く奥州の地までその船足を延ばしたことは引田史に輝かしい一頁を飾っています。
 そして、その盛衰は引田の経済を大きく左右してきました。時移り海運は、鉄路、陸運とその時代と共に栄え衰えてきました。海に生きた漁民は、昭和初期、故野網和三郎氏が、開拓した獲る漁業から育てる漁業、即ち、ブリ(ハマチ)養殖に大きく転換の道を見つけました。
 水産界幾多の歴史の中、未曾有の赤潮に見舞われること数度、その都度漁民たちは、ハマチ養殖発祥の地として、その誇りとその存亡に命を賭け、気力を絞り立ち上り、立ち直り、現在は、ブリ(ハマチ)、カンパチ、マダイ等を生産する、県内有数の魚類養殖生産地となっています。
 今後は、消費者の皆様により多くの情報を発信し、「顔の見える漁業」を目指してまいりたいと考えておりますので、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。